保育のデザイン

ホームゆっくりゆっくり大きくなぁれ ブログトンボを手に(4歳11ヶ月)

トンボを手に(4歳11ヶ月)

2023.02.06 ゆっくりゆっくり大きくなぁれブログ

2019年9月

久しぶりのぐうたら村(https://gutara-v.net/)で過ごした日。
和にとって最も印象に残ったのは、おそらくトンボだったのではないかと思います。

小ぶりのトンボが、目の前を飛び、あちこちの枝の先に羽を休める様子に、飛び跳ねて喜んでいました。

捕まえ方がわからず、始めは飛びつきそうになったり、手を激しく動かしたりしていましたが、悪戦苦闘している和に、名人級の方がトンボを採ってくださいました。

こんなにトンボを間近に観察したのは、和にとっては初めてではないかしら。

しばらく持ち歩き、草につかまらせたり、その草を食べていることを発見したり、いつのまにか2匹捕まえて見比べたりつき合わせてみたりしていました。

トンボを持っていることで関わりやすく感じたのか、初めて出会う大人にも、子どもにも自分から声をかけていました。

今回、和の過ごし方を見ていて、和は人と関わりたいんだということがよくわかりました。

薪を割るのも、ジャガイモを掘るのも、トンボを採るのも、「誰かと」がいい。

だから、誰かに知らせたくて、聞いてくれそうな人を見つけては話しかける姿がありました。

誰でもそこにいていい。どんな過ごし方をしてもいい。自然に話し、自然に関わる。

そういう過ごし方ができるぐうたら村だからこそかな、と思いました。

(川辺)

トンボは、特別な生き物だと思う。

夏の終わりに長野の方で過ごしていた時の、やたらと飛び回る赤トンボの記憶は鮮やかだ。

特別に大きい体で、一直線に進むオニヤンマに出会った時の驚き。

まっすぐ進んで、クルッと向きを変えて、また直進する。

圧倒的な存在感。

そんなトンボと出会い、ゆっくり過ごしながら、人とつながって行く。

驚きや喜びをからだ全部で味わって。

(宮里)

こちらの記事もおすすめ
2018.05.17 紫陽花をとる(2歳9ヶ月) ゆっくりゆっくり大きくなぁれブログ
2016.09.01 子どもの育ちをゆっくりみたい ゆっくりゆっくり大きくなぁれ
2023.01.05 「見て!泳げるんだよ!」(4歳10か月) ゆっくりゆっくり大きくなぁれブログ
2023.07.10 不適切な保育の定義変更について ブログon-line研修キャリアアップ 研修園内研修保育の質の向上
カテゴリ
タグ
関連記事
2024.04.15 【保育のデザイン研究所 セミナー 2024 5月のご案内】 お知らせ保育のスキルアップブログ保育の質の向上
2024.04.15 【保育のデザイン研究所 on-line研修】ご紹介動画をぜひご覧ください 保育のスキルアップお知らせ保育のデザインon-line研修ブログ保育の質の向上
2024.04.12 「保育のデザイン研究所 2024年度 研修講師養成塾(塾長 無藤隆)」開校のご案内 プロモーション動画が出来上がりました お知らせ保育のデザイン保育のスキルアップブログ保育の質の向上
2024.03.29 【保育のデザイン研究所 セミナー 2024 のご案内】 保育のデザイン保育のスキルアップお知らせブログ保育の質の向上
2024.01.16 【セミナー開催報告】箒づくりワークショップ ~保育で活きるモノづくり~ お知らせ保育のデザイン保育のスキルアップブログ保育の質の向上