保育のデザイン

ホーム保育のデザイン 保育のスキルアップ ブログ 保育の質の向上【セミナー開催報告】保護者支援について考えよう -心理劇の体験を通して-

【セミナー開催報告】保護者支援について考えよう -心理劇の体験を通して-

2024.04.24 保育のデザイン保育のスキルアップブログ保育の質の向上

セミナーでは、まず、対話的な子育て支援をめざして心がけたいことや、支援のポイントを学び、次に心理劇を体験しました。
最初のウォーミングアップで、椅子に座って大きな輪になり、隣の人と関わるうちに心も身体も温まってきて、いよいよ行演(ロールプレイ)の開始です。
各グループで、参加者は順番に保護者、保育者、子ども等の役を演じました。例えば発達に障害のある子どもの保護者のケース、例えば海外にルーツを持つ保護者のケース等を想定し、和気あいあいとした雰囲気の中、一人ひとりが役になりきっていました。
参加者からも、「今回の劇のように、実際にその立場になってみるという体験は初めてだった」「色々な考え方に触れられた」「相手がどんな気持ちでいるのか実感できた」等の声があがっていました。
その後の交流会では、講師が各グループを回って参加者の質問に答えたり、本日の研修の感想を皆で言い合ったりして、最後まで笑い声の絶えないセミナーでした。
8月24日(土)の午後に同じ内容のセミナーがありますので、今回ご都合のつかなかった方は是非ご参加ください。

こちらの記事もおすすめ
2018.02.17 おやつ大作戦 その2(2歳6ヶ月) ゆっくりゆっくり大きくなぁれブログ
2022.02.02 「バイバイ」(4歳5か月) ゆっくりゆっくり大きくなぁれブログ
2022.11.14 「線香花火」(4歳8ヶ月) ゆっくりゆっくり大きくなぁれブログ