toggle
2021-06-28

お風呂の壁画 その2(4歳3か月)

2019年1月

「お母さんのおなかの中に、Kちゃん(姉)とかずがいるよ。」
そう言って丸いお腹を指した後、左側に9本の線を描きました。
これは、9月生まれの9。
いつも、指で4と5を出して「この時に生まれた」とやるので、その表し方のようです。

そのあと、「おかあさん」のまわりに大きく囲うように描いたものは…。
「たけのこ、もってるんだよー。 いーっぱい、たけのこもってるの」

よく見ると、手に何か持っているようですね。
おおきなふろしきに、いっぱいたけのこを詰め込んで背中に背負っているのでしょうか…
身重なのに(笑)
がんばっているな、私。

(川辺)

和くんに、とって、お姉ちゃんははじめからここにいる、という存在。
だから、お腹のなか、という特別の「おうち」に一緒にいる、とイメージしたのかもしれない。

9という数字に、誕生のイメージをかぶせているのも、興味深い。
そのときが和くんとお姉ちゃんの物語の始まりだったわけで。
それは、誕生と重なっているんだね。

と、ここまでは何とかなったんだけど、最後に「たけのこ」が残った!
うーん。これは何だろう? わからないなぁ。

ということで、最高の賛辞である「意味不明」を授けます!

(宮里)